まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
カテゴリ:ファンミ・イベントレポ( 26 )
|
|
2007年 04月 10日 |
あんにょん♪
昨日から学校が始まりました。
何十年ぶりかで始業式に出てきました。なつかしかった♪こどもにとって、いい出会いがあるように!と願ってます^^

さて、ファンミ詳細3回目に行きます・・・(遅くてゴメンネ・・・)

More・・・超長文です
[PR]
2007年 04月 03日 |
 ファンミ詳細レポ、その2です。・・・長いです・・・

More
[PR]
2007年 03月 30日 |
こんにちは 
ファンミの様子、報告しますね。

1時開場でしたが、私は2時10分頃入場。直前になっていけなくなったということで譲ってもらった急な名義変更だったので無事に入れるか少し心配でしたが、入り口横に専用の受付があって、チケットと入場する人の身分証のチェックで無事に入ることができました。譲ってもらう際に一筆もらっていたので、それも受付に見せました。ホッ・・・
 場内にはすでにたくさんの人・・・。
「宮」の衣装3点展示、ジフン君のポートレートが何枚も♪、ファンからのプレゼントの風船、寄付の長い列、「魔王」の寄せ書き・・・など気になるところがたくさんあって、半の開演時刻まで急いで見ました。

More
[PR]
2007年 03月 20日 |
 あんにょん♪
行けない・・・と思っていたジフニのファンミ、実は前日になって急にいけることになったんです。・・・それもそろそろ寝ようか・・・と思っていた時間に一通のメールが。自分がいけなくなったので、かわりにどうですか?との。
昨夜のその時間から、夢か現実か・・・と思ってすごしました。はっきり言って、昨晩は興奮&緊張のあまりに寝付けないほど・・・だって、会えるんだよぉ、握手できるんだよ、生だよ・・・。だけど、美容院にしばらく行ってなくて髪は長すぎ・・・服は引越し荷物のダンボールの中(笑)・・・でも引越しそっちのけで行ってまいりました

 元々あきらめていたので、席は後方でも、いけるだけで幸せ♪と思っていたのですが、なんと今までにないほどの良席。最前列!譲ってくれた方(急用で・・・)にありがたく思いながらファンミの数時間を過ごしました。

 内容は明日(大阪・・・ネタバレはなしで♪)もあるので、今日は書くのを控えますが、ジフニ満載(表現変?)の時間でした。ラストは、握手会も行われ、赤い薔薇を一本、ジフニから手渡しされながらの握手。1500人という大人数でしたが、一人ひとりの目を見て、笑顔で握手してくれて、席からそれを見ていて、本当に感動しました。ますますジフニのことが好きになるファンミだつたと思います。

More
[PR]
2005年 11月 01日 |
 こんばんは 先週から引き続きばたばたしております。
以前こちらでお知らせした☆日韓交流40周年記念公演「韓流恋曲&NANTA」に応募しましたら、当選ハガキがきたので行ってきました。

More
[PR]
2005年 05月 12日 |
GWの最後に「美しき日々コンサート」へ行ってまいりました。
福岡在住ですが、合法的に?!必ず合える方法よね・・・と朝の芸能ニュースで、コンサート開催の速報が流れてから、「もし電話してつながったら、ご縁があると思って、飛行機代払って行こう!と心に決めて、予約に!生活ホットモーニングで素敵なビョンホンシを拝見してから・・・家の電話&携帯電話&パソコン・・・で何度もトライ。15分後、パソコンのe+がつながりました。

運が良かった・・・15分でつながったので、どんな良い席かな・・・と郵便を心待ちにしていたのですが、やってきたのは2階席でした。ショック。。。でしたが、きをとりなおして夫に相談。
驚いていたのですが、「そんなに行きたいのなら、いっておいで」との優しい言葉。
ありがとう・・・。

途中ローソン追加販売で、良い席がでていたり、キョードー東京で、しばらくたってから電話でかえた(良席)話を聞くにつけ・・・もっと良い席で見たい!と切実に。
思い切ってオークションをのぞいてみました。
そして。。。1階の前を落札しました。そこまで高くない席でしたよ。

7日のお昼公演。ひとりでコンサートに参加するのも、はじめてだったのですが、入り待ちのときも、席に座ってからも、隣近所でいろいろ話が出来ました。さすが、ビョンホンシファンはいい人が多い。それぞれのお宝写真や携帯待ちうけなどを見せ合って、楽しいひと時。私の隣もそのまた隣も、ひとり参加でした。一人は名古屋の方でした。

コンサートいよいよ開幕。
名場面が流れる中、生オケ生ピアノによるインストゥルメンタルがバックミュージック。ドラマを思い出してすでに感動が。続いてZEROの「約束」「その日までさよなら」「GOOD BYE」。特に「GOOD bYE」の響きが素敵でじーんときました。

いよいよヨイドの桜の場面で、向かって右にビョンホンシ、左にジウシ
がたち、手を取り合って中央へ。司会の赤坂さん、みんしるさんとトークが始まりました。
印象に残ったのは、二人がよく目を見合わせていたこと。仲良さそう!でした。ちょっと焼けます・・・が、この二人なら許せそうデス・・・私。
撮影で記念に持ち帰ったものはありますかとの質問に、ジウシは、「うさぎのぬいぐるみ」・・・せつない場面でしたね・・・ビョンホンシは「着ていた服など」だそう。
7日の昼はこうだったのですが、夜公演で気になることをいったそうです「今まで共演の女優さんと仲良くなることはなかったのですが、はじめて仲良くなった」そう。???えっ・・・という雰囲気になったそうです。

その後、セナこと、イジョンヒョンちゃんのステージ。パワフルで見ごたえのあるステージでした。「セナの応援に来た~」ナレこと、イユジンさんが座っていたのは・・・なんと私の斜め前でした。実は入ってきた時から、気づいていたんですよ。やっぱりきれいで、オーラがあって、「絶対そうに違いない。。。」と思ってみていました。ドラマの時よりも大分スリムになっていて、「私は本当は力持ちじゃない」と日本語で言っていたのが、印象的でした。

・・・このジョンヒョンちゃんのステージの間、ステージ左側のモニター下にビョンホンシがいらしたそう。わずか数メートル前(ななめ)だったのに、気づきませんでした。残念・・・実は黒いスーツの一団がいるな・・・とは目に入っていたのです。でも、ちらっと見ただけでステージばかり見てました。よく見ればよかった・・・です。端っこだったけど、実は当たり席だったのかもしれません。・・・

20分間の休憩の後、(トイレから戻る途中、ハマちゃんの奥さんを見ました・・・ファンっていってましたよね)

いよいよ第二部です。
SENSEや花世さん、SENSEさんの素晴らしい歌声が。本当に上手な方ばかりで、またまた名場面を見ながら・・・こみ上げてくるものが。本当に「美しき日々」が好きなんだな・・・と自分で自分のことをおもいました。ベストドラマかもしれません。はまった1月から、毎晩見続けていたものね。そんな魅力があります。

途中、ジウシを応援に来た中国の歌手兼俳優、フービンさんが花束をもってきました。ジウシと並んだら背が高くて素敵でした。ヴィトンのモデルとかをしてる方のようです。
このとき、シゥオンくんが来ると思ったんですよね。回りの方も言ってました。でも、きた方もすごい方のようです。

続いてリナパークさんとキムボムスさんの歌。二人とも本当に上手でうっとりとしました。
リナパークさんは、ドリカムっぽかったです。好きなメロディでした。CDほしくなっちゃいました。
そして、ピアノで名場面を振り返りました。

司会の赤坂さんがでてきて、
終わりの挨拶。出演者が皆(お二人以外)でてきて、幕が降りました。・・・ジョンヒョンちゃんがワコムの扇子にキスをして、客席に・・・。私の真後ろの方がつかんでいました。やっぱり。。。あたり席かも。

「もう終わり???」という雰囲気があるなか、「ビョンホンシ」のコールが。
待ってました。幕がまた開いて、ビョンホンシが一人たっていました。しばらくコールがなりやまず、やがて静かになり、前のほうから自然にウェーブのように皆座りました。感動的なシーン。しばらく間が空いた後、(涙をこらえていたらしいです・・・ビョンホンシ)、自分で考えられたメッセージを語ってくれました。
撮影の苦労「降ってくる雨でを心配しながら急いで撮ったヨイドの桜の場面。見学者がいっぱいで、撮影するのが大変だった新村のレコード店でのこと。出演者・スタッフがモニターを見ながら、皆涙を流していたセガフレードでの場面。海に入ってしまったがために、筋肉の緊張がとれなかったこと。などなど
そしてラストメッセージ
「この素敵な思い出を、心の奥にしまっておきたい。これから来る私達の美しき日々のために」という意でした。
最後の言葉に、ちょっとしっくりこなかったのですが、
前を向いているんだな・・・と改めて感じました。

そして、ジウシ登場。
スクリーンには、ヨイドの桜の場面が。
椅子をスクリーンに向けて、観客と一緒に場面を見る設定。二人仲良く話をしながら、手と手をつないで座っていました。私には、何年後かのシアワセなヨンスと室長の姿に見えました。病気をのりこえたんだね、よかったね・・・と。舞台の上からは、花吹雪がはらはらと舞い落ちてきて、幕がだんだんと降りてきました。

感動で涙がぽろぽろ。
周りを見ても、涙涙で、立ち上がれない人がたくさんいました。

よいコンサートでした。
思い切って行ってよかった!です。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon