まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 練馬「いわさきちひろ美術館」
2006年 06月 27日 |
こんにちは
貴重な梅雨の晴れ間、以前から気になっていた練馬の「いわさきちひろ美術館」へ行ってきました。 
d0020443_1422504.jpg




 ちひろの絵も見たかったのですが、今いっとかなきゃ!と思ったのが、「長新太展」があったことです。
d0020443_14285510.jpg

 まず、ちひろ作品の展示。
d0020443_2373199.jpg
 7/23迄「ちひろの花物語」のテーマ展示です。こちらは『春の庭』・・・花いっぱいのお庭で遊ぶ子供の姿がなんともかわいらしくて、とても好きな絵です。

 私の小学校時代、国語の教科書にちひろの挿絵がつかわれていました(年がばれますね)。
ちひろの淡い絵を見ると、一年生の頃のどきどきが、記憶の底から思い出されます。「今の息子の気持ちって、こんな気持ちなのでしょう・・・」

 お庭を挟んで、「アトリエ」の展示。
d0020443_23272343.jpg
 今でも使われているかのような再現。こちらから見たお庭がとても素敵でした。今はあじさい、桔梗が咲いていましたが、春先には彩り豊かなのでしょう。
 この並びに展示されている絵が、素敵なのが多かった気がします。
子供に対する愛情がひしひしと伝わってきて、ひときわ優しいもちになりました。

d0020443_23284871.jpg









d0020443_23301627.jpg


 さて、もうひとつの目的「長新太展」。
ナンセンス絵本の草分け・・・として、ずい分不思議な気分にさせてもらいました(笑)。
親子とも大好きで、「キャベツくん」シリーズ、「ぼくのクレヨン」「どろにんげん」「へんなおにぎり」「にゅるぺろりん」・・・e.t.c...と、ありえない・・・けど、なぜか子供は大好き、読んでいるうちに不思議ワールドにはまり込んで、それがなぜか気持ちいい・・・素敵な絵本たちを創ってくれました。
 絵本原画は、実際印刷されたものよりも、タッチや色合いがかなり違っているものも多く、作者の想いが直に伝わって来ます。楽しみにしていました。
 キャベツくん・・・青やみどりの筆致がしっかりしていて、絵本よりも鮮やかで、感慨深く見ました。親子で何度も読み込んだ(だっこしていっぱい読みました^^)のと、お話会や研修会でも活躍!だったので、特に思い入れがありました。
 オススメの本によく入っている「おしゃべりなたまごやき」も、改訂版と描き方がちがっていて、ふむふむ・・・と。d0020443_23474885.jpg

 「ゴムあたまぽんたろう」・・・階段の上を旅してました^^

 素敵な原画がたくさん。見ごたえありました。

翌日には、「長新太を語る会」もあったようです。


館内の施設^^d0020443_23551199.jpg
 「こどものへや」・・・あかちゃんや小さな子供連れで来館の方に・・・木のおもちゃや絵本がたくさんありました。授乳室やこどものへや専用のトイレもあって安心!と思いました。
お人形も布製でした(ウォルドルフ人形もいますね)・・・好み♪です(うちは男の子だけど・・・私が好きなのよ^^)
 図書室も、ちひろの本をはじめ、吟味された子供の本が並んでいました。

 ミュージアムショップではがきをお買い上げ!^^お手紙かかなくちゃ(実は、絵本はがきのコレクター^^)。
カフェでシフォンケーキをいただいて、帰路につきました。マシッソヨ♪(^^)
d0020443_015732.jpg

                                       「ぶきゃー」♪♪♪
[PR]
<< ネ チョウン シーン 9話より... ページトップ パク・シニャン小説「恋人」の世界展 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon