まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
<   2005年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 08月 30日 |
 こんにちは 夏休みもあと2日。
そろそろ宿題(絵日記とシールよ^^)もまとめて・・・写真なども貼って、持って行く準備をしなくては・・・とせっぱつまってきました。

 いつも週初めは忙しいことが多くて、昨日はハングル(単語テストでした^^)の日、短期集中で単語を覚えたので、テストがおわってホッ!・・・万歳って言う気分で、夜友達から借りていた「ランラン18歳」の続きを頑張ってみました。
 イ・ドンゴンssi主演のラブコメディで、パリの恋人のスヒョクとは全く違う役。高校を卒業したばかりのジョンスク(ハン・ジヘ)と結婚して、お互いを徐々に理解していく・・・というストーリー。コメディで朗らかに笑わせてくれながら、ほろりと感動する場面もあって、楽しんで見ることが出来ます。そしてなんといっても、イ・ドンゴンssi演じるヒョクジュン役がとってもかっこいい!の一言。見るからにかっこいい!というより、ドラマを見薦めていくうちに、じわじわと染み渡ってくる!?かっこよさ。こんな素敵な人がだんな様だったらいいわね~と思ってしまいます。
 昨夜は二人が愛し合うまでを一気に見ました。(おかげで睡眠不足~)テンポ良くて、途中でやめられなかった!今日も続き~見たいのは山々だけど、うーん眠っといたほうが自分の体のためですね。
 これを見て、BHssiから待ち受けを変えてしまった友達がいます。「イさんに弱いのよ~」と。私もちょっと同意^^かな?

BHssiの話題です
巷で話題の「ユニセフのカタログ」やっとお申し込みしてきました。
幼稚園で見れるや・・・とゆったりと構えていたのですが。
そういえば、サマンサタバサとの日本でのCM契約をされたそうですね。(com648より)若者層の取り込みって戦略のようですが、商品お若いですよね。BHssiがいつもしているドックタグは、サマンサタバサのものですよね。(プレゼントとか・・・)そのつながり・・・でしょうか。

ではまた^^ 
 
[PR]
by twinkle-star3 | 2005-08-30 20:38 | 韓国ドラマ |
2005年 08月 26日 |
 こんにちは 
間に帰省が入って、大分熟した(笑)感がありますが、「パリの恋人」の1話のお気に入り!場面をUPしてみようと思ってます。

 一話のお気に入り場面
[PR]
2005年 08月 26日 |
 一ヶ月ぶりに映画館へ行ってきました。
息子と一緒に、この夏のドキュメンタリー話題作「皇帝ペンギン」を観に。

 実は映画館嫌いの息子。何回か~見に行こう!と誘っても、首を縦に振りませんでした。でも、今回はドキュメンタリーであること(自然のままをうつしている)、残酷な場面が多くないこと(もちろん自然の摂理でありますけれどね)などから、連れて行くことにしました。6歳だし・・・そろそろ映画館体験してもいいころよね^^と。
結果、こわがらず、しっかりと観ていましたよ。もともとペンギン好きなのもあって^^ほっ

 映画は、どうやって撮ったの?と思う場面がたくさんでした。
ペンギンの結婚、求愛行動、産卵、雛育て・・・そして一人立ち・・・まで、自然と共存しながら、がんばって育っていくさまが撮られていて、真冬の撮影に感嘆しました。
 吹雪が吹き荒れる中、じっと寄り添って体を温めあう仲間たち。一日でも帰り着くのが遅かったらすれ違ってしまう、その自然の摂理の厳しさ。天敵たちとの戦い。家族の喜び・・・などなど。美しい映像でしっかりと伝わってきて、画面に見ほれていました。

 ペンギンの一年・・・のドキュメンタリー、大自然の中で生きていくっていうこと、見た後、心に穏やかな余韻を残しました。やさしくなれたような・・・気がしました。

 「お母さん、ペンギンって、がんばってるんだねぇ」とは子供の言葉。はじめての映画、どうだったかな!

 息子のお気に入り!の絵本です。
ペンギンほっきょくへゆく


デュケノワのおばけシリーズも大好きです。


 
[PR]
by twinkle-star3 | 2005-08-26 16:24 | 映画 |
2005年 08月 25日 |
 こんにちは 
パリの恋人のお気に入り場面を・・・と思ったのですが、うちのパソコンが古くて、キャプチャーできない・・・と判明(涙)・・・前々からそうよねって思っていたのですが。
なので、ぼちぼちとのちほど機会をみて、UPすることにしますね。

お散歩していて、見つけました。
[PR]
2005年 08月 09日 |
 こんばんは
ここ数日、「パリの恋人」2回目を見ていて、昨日完走しました。やっぱり二度目もいいわ~というわけで、今日早速本屋さんへ行って、関連本を探してきました。このところのBGMも「パリの恋人」のOSTです^^

 実は本屋で探しただけではなく、アマゾンのマーケットプレイスで注文したものも届いて・・・それもあるので、今日は読書の一日になりました。
原作本です。
パリの恋人 (上)

パリの恋人 (下)

 上巻は、ギジュがユナとの婚約式をぶち壊すところまで、下巻はその続き、テヨンの働く洗車場へやってくるところから始まります。
 ほとんどドラマと同じ進み方なのですが、いろいろな場面で登場人物の心理描写がしっかりと言葉でかかれているので、^^「そういう気持ちだったのね」とはじめて気づくことも多かった!です。原作本を読めば、より深くドラマを楽しめると思います。

 賛否の多かった(というか、TVの終わり方は私も?でした・・・パク・シニャンさんも、ラスト気に入らなかったみたいですね)ラスト部分、ほんの終わり方は、韓国版と日テレ地上波、日テレBSと比べてみても、一番すんなりとくる終わり方でした。これで撮ってくれればいいのに・・・と思ってしまいました。
 原作本まだ途中ですが、これからゆっくりと楽しみます^^・・・本を読んでは思い出して、DVD見直してたりしていました。時間かかります。

 本屋で見つけた雑誌2冊
もっと知りたい!韓国TVドラマ VOL.6
/ 共同通信社  ISBN : 4764130718
「パリの恋人」の特集がのっています。
ドラマのストーリー、製作裏話、監督インタビュー、パリ恋が巻き起こしたいろいろなこと、出演者(パク・シニャンさん、キム・ジョンウンさん他)インタビューなど。ガラスの華の特集もあったので、イ・ドンゴンさんはそちらで取り上げられていました。
パリ恋の記事としては、とっても充実!です

もっと知りたい!韓国TVドラマ (Vol.7)
/ 共同通信社  ISBN : 4764130734
 チャングム~の特集(とても詳しいです^^)号ですが、パク・シニャンさんの独占ロングインタビューが載っています。めったにインタビューを受けないそうなのですが、いい感じのインタビューで、人柄が表れていて、わずか8ページですが、迷わず購入しました。黄色のシャツに茶のスーツ、とても素敵です。「サランヘヨ デルカヨ」の撮影時の話も載っていました^^それと、今までの出演作品の一覧表もありました。

 とりあえず、今日はこんなところで・・・。
ピンクデジの貯金箱、プサンで探したんですよね。でも見つけられなかった~。立ち読みした雑誌に、新大久保の某店で売っている・・・との記事が。気になります。

 チャングム特集の中にチョ・ギョンファンさん(スンドン会長役、チニの父)のインタビューがあったのですが、その中に「オールイン」撮影時のビヨンホンシのことが書かれていました。
 すでにアメリカロケの時から、二人は恋に落ちていて、演技のフリをしながらも、お互いをみるまなざしが全然違っていた」のだそう。チェジュドでのロケの際にも、「何かというと2人で消えていた」と。・・・まなざしの違いって・・・ドラマ見ていても分かりますよね。なんか、熱い・・・まなざし。ふ~ん・・・です。

 パリの恋人、まだ書きたいことがいっぱいなので、まだまだ続きます^^
ではまた
[PR]
2005年 08月 06日 |
こんにちは 
今日も暑いです。まりまり家では、これから海へ行く予定。夜はBHssiのスペシャル番組も入るし、楽しみな一日です。
 
 オールインツアーのまとめと、番外編のプサン編です。

 夏休みの予定が決まらなくて・・・どうしようと思っていた頃、ネットで格安のツアーを見つけました。お得!ということで、夫は忙しくていけなかったので、友達と「行こうか・・・」ということになりました。
2泊3日、空港近くで、旧市街の済州市に一昨年に出来たばかりの『ラマダチェジュホテル』に宿泊。きれいで快適なホテルでした。近くには、Eマート(ダイエーのようなスーパー)、テジ焼肉や、海産物の食堂がたくさんありました。
海産物の食堂前の水槽にて・・・あわびが名物だったのよね・・・たべなかったけど・・・
d0020443_15324220.jpg
 

続き・・・はこちらをクリック!
[PR]
2005年 08月 04日 |
 韓国行ったら、スターグッズいっぱい買って来よう^^と思っていたのですが、
チェジュでは、ほとんどお見かけしませんでした。あとでいったプサンでも、国際市場やチャガルチ市場にはでかけず、ロッテホテル周辺西面付近しか出歩かなかったので、少ししか見かけませんでした。

続きはこちらをクリック!
[PR]
2005年 08月 02日 |
 ICSIの事務所があったコンベンションセンターをあとにして、いよいよドラマの舞台となった中文のホテルへ。コンベンションセンターから車で5分もすると、ロッテホテル(中文ホテル)、新羅ホテル(ハルラホテル)、ハイアットホテル(シーワールドホテル)の立ち並ぶ場所につきます。

 イビョンホンルームが気になっていたので、新羅ホテルから訪ねてみました。
d0020443_20253160.jpg


新羅ホテル、ロビーと喫茶コーナーです。
ここもドラマの場面にでてきましたね。
チニとスヨンが会って「イナさんが生きている」という話をする場面、イナに偶然出会う場面・・・e.t.c.
新羅ホテルは、重層感&高級感があって、他とは違った雰囲気がありました。さすが、各国の要人が泊まるホテルです。

続きはこちらをクリック!
[PR]
2005年 08月 01日 |
 オールインハウス、しっかり見学して、写真も沢山とって、時間を見たら12時少し前でした。
実はこのツアー、2泊3日で、3日目は昼12時の集合の予定でした。最終日の午前中は海で泳ぐつもりでした(子どもが楽しみ^^にしていました)。しかし、なんとアシアナがストで欠航となり、その日は朝7時に集合、プサン経由の大韓航空での帰国に変更となりました。半日分の予定がなくなったので、無理やり2日目海水浴もすることに。
 次は海水浴。ママたちは、着替えが大変なので、子ども達だけの予定です。
記念館から30分ほどの表善海水浴場へ。ここの道路向かいに、『チャングムの誓い』の撮影場所の済州民族村博物館がありました。もちろん見学する時間はないので、門の前で写真をパチリ。先にビーチで軽いお昼を食べました。憧れのトッポッキとおでんです。子どもはおでん、大人はトッポッキを食べました。どちらも美味しくて、^^でした。卵入りのトッポッキ、今回で一番の美味でした。
d0020443_16545967.jpg


続きはこちらをクリック!
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon