まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ イタズラなkiss2 最終回放送
2009年 01月 09日 |
 こんにちは
Bs-iで放映しているイタキス2も今晩で最終回を迎えましたね。
 原作コミックでは、ラストを迎える前に未完となってしまったストーリーに、どんな結末がつくか・・・どう終えるのか・・・ってことが、去年の放映時、話題になってましたね。

 私がyouで見たのが去年の10月。思いがけないラストで、見た直後はそれまでとあまりに違った展開に違和感を感じて、み返せなかった私でした。

 今日の放送はなんとしても見たかったのですが、デジタル放送工事が間に合わず・・・涙。字幕がどうつくのか、どこがカットされるのか・・・とても気になっています^^数日後には送ってもらえる予定^^
 だけどこの週末前までに見返したかったので、youで動画を拾って、昨日から何回か繰り返し見ています。

 少し余裕を持って見れるようになった最終回、本当に感動的ですよね。セリフが心に染みて・・・涙なくしては見られません。
琴子は入江くん(!)に、あんなに愛されて・・・幸せですね。はぁ~♪



 原作では、妊娠しているかもしれない・・・というところで、終わってしまいました。
未完の部分はどう描かれるのか・・・台湾版では、かなりメッセージ性の強いものとなりましたね。

 夫婦の深い愛情、家族を思いやる気持ち・・・そして介護の問題。ただのラブコメじゃない、家族のストーリー・・・
人が人を愛して、どう生きるのか・・・素敵な言葉がたくさん詰まった最終話でした。

 私が涙が止まらないのは、一日さまよった後に、直樹のオフィスにいる琴子を直樹が見つけたそのあとのシーン。

 それまで、なかなか本当の気持ちを言葉にあらわさなかった直樹が、自分の本心を語ります。
・・・もう二度と俺の元をはなれるな・・・
「俺は信じてる・・・どんな命だって進むべき道がある。どんな命にも、それぞれすばらしいものが詰まっているってことを。」

 自分の病気のこと、遺伝性の疾患であること…相手のことを思うがゆえの葛藤を抱える琴子を優しく包む直樹。・・・お前のすべてを愛してる。いいところも、悪いところも。醜くくても、美しくても。悲しいことでも、嬉しいことでも…それがお前のものである限り。

 一人にはならないさ。俺がいるから。全力でお前を守るから。・・・・・・涙。。。


 そして、家族がそろって出迎えて、琴子のことを思いやるシーン。
ママ、裕樹の言葉・・・。素敵な家族だなぁと思います。

 その夜の寝室でのシーン。
うぉ~あいにぃ・・・愛している
…一番大切なことは、俺がお前を愛しているということだ。
「也是我們所有愛的延續」・・・生まれてくる子供は、俺たちの愛を次の世代へつなげてくれるってことなんだ・・・
・・・直樹、感動! 本心からの言葉ね。

 シリーズ1では、まだ人を好きになるってことを知らなかった直樹が、琴子と出会って人間らしい感情を持ち、愛するようになり、めでたく結婚。そして結婚は簡単なものじゃない・・・夫婦の甘い生活(笑)とぶつかり合ってお互いに成長しあっていく様、家族をテーマに描かれたシリーズ2。すごく深い話になっているなぁ・・・と。

 思えば台湾オリジナルで、直樹が研究会で発表した「遺伝子について」や、階段から落ちて昏睡状態になる直樹に「もしこのまま目を覚まさなくても、一生お世話する」と言い切る琴子・・・それから・・・さまざまなことがこのラストへ向かって繋がっていたのかなぁと思いました。

 私たちの実際の生活でも、いろんな部分でそれぞれ、リンクするところってあるよね。
新婚だった頃や子供を授かった頃のことを思い出しても、いろんな想いがよみがえってきて、なつかしくかったり、せつなかったり・・・。「わかるわかる」と、うなづきながら見ていました。監督が「お隣の小江さん一家の物語」・・・と表現する通り、すぐ近くで繰り広げられているストーリーのように感じたシリーズ2でした。

 「しあわせ」♪って言葉で終わったラスト・・・続きへの期待とともに、心配もあるけど、あったかいものに包まれたような気持ちに(今は)なっています。・・・最初見た時は、あまりの展開に@@だったんだけどね。

 これがでてから放送された日本版アニメ、多田先生の結末への構想メモを基にしたラストだったそうなんですが、無事女の子が生まれて(病気のことは台湾版だけ・・・監督の思い入れだよね。深い愛がしっかりと表現されていましたね(美日々のような・・・効果あるよね^^)・・・そして1から2の間に監督が結婚したってことも、この結末にはかかわってくるのかなと・・・)。アニメでは、松本姉と須藤さんも結ばれて、佐賀のおじいちゃん家に娘を連れて行く・・・って結末で、素直なハッピーエンドだったんですよ。

 シリーズ3の話も考えているらしいのですが、まるっきりのオリジナルじゃなくて、構想メモも踏まえてのラストになるのかなぁ。海辺のおじいちゃん家へ直花(だよね?)を連れて尋ねるシーン、個人的にとても見たいです。電影(映画)なのかな? コンパクトでいいかもね^^

 あの美しく終わった2の続き・・・結構楽しみだったりします。イタキスはずっと見ていたいからね。年取ってからのも見たいかも・・・本当、10年後20年後・・・・とね^^もちろん、ジョセフとアリエルで^^

 それほど好きなドラマとなりました。

 イタキスのことを書くのが、今さら・・・って思って、恥ずかしいのですが、思い切ってここに書きました。本当に・・・今、これを中心に日々が回っているのよ(真剣!)

 では・・・また^^
 

 
[PR]
by twinkle-star3 | 2009-01-09 20:49 | 台湾ドラマ |
<< アレンジ始め^^ ページトップ INDEX・・・韓国旅行記・・・ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon