まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 시크릿 로맨스<키친>, 두 개의 사랑이 만나는 비밀의 공간
2008年 12月 24日 |
 あんにょん♪
クリスマスイブですね。
今やっとデザインを決めた年賀状を打ち出しながら、ネットしてます。
昨日はやっと解放!(←何から?笑)されて、早い時間から爆睡していました。やっぱりちゃんと寝ると気持ちいいねぇ。ここ3ヶ月間、睡眠5時間の日が続いていたから(笑)。自分的にトンネルから抜け出した感じです。

 キッチンについての記事があがっていました。
ジフンくんの役は、今回はフランス帰りの天才シェフなんですね。奔放な精神・・・って、BLじゃないけど、アンティーク小野のような。。。神秘で挑発的な魅力って^^;・・・。かなり素敵な役な気がして期待感大です。そしてやっぱり原作とは違って、不倫系入ってるのねぇ・・・。 スンハとヘインとは切り離して考えなくちゃ。かなりきれいそうだけど。

  アートニュース シークレットロマンス 二人の出会いと秘密の空間 (原文へ)





溌剌として生気あふれる愛するしかない彼女 ‘砂’(シン・ミンア) ,ただ自分の愛のために前だけ見て突進する魅力的で自由奔放なフランス出身天才板前 ‘ドゥレ’(ズジフン),すべての女達が愛しなければならない完璧な条件と善良な性格まで持った ‘商人’(ギム・テウ) これらが広げる胸ときめくシークレットロマンス映画<キッチン>(監督ホングジヤング,提供/製作㈱スピルルム配給/シルバースプーン)が 2009年 2月封切りする予定だ.

映画 <考古70>で 1970年代の魅惑的なダンサー ‘微微’ 役で,その間隠して来たセクシーな魅力を表出して大韓民国男性たちの心を捕らえたシン・ミンア,映画<キッチン>では独特だが愛するしかない ‘砂’ 役を引き受けて同時に二人を愛するようになる微妙な感情を通じて神秘的で成熟した雰囲気の女人に変貌する過程を怪しからないながらも可愛らしく描き出す.

ドラマ <宮>,<魔王>を通じて女心を搖るがして同時に寒流の新しい主役で位置づけたズジフンは引き続き映画<アンティック >で秘密をおさめた西洋骨董洋菓子店 <アンティック>の主人 ‘ジンヒョック’ 役を引き受けて忠武路の次世代スター誕生を予告して派手にデビューした.

 映画 <キッチン>で彼は秀麗な外貌と纎細な感覚を兼備したフランス留学派天才板前 ‘ドゥレ’役を引き受けてこの私は作品では見られなかった神秘で挑発的な魅力を見せてくれる.

生まれつきの演技力で忠武路の代表俳優でその立地を固めている俳優ギム・テウは映画<キッチン>で一流板前の夢をつかむために敢然とうまく行くファンドマネジャーの道をあきらめるほど果敢な推進力を持ったが ‘砂’に向けて無限な愛と思いやりを送る優しい夫 ‘商人’役を引き受けてその間見られなかったすべての女達が羨む完璧なフンナムを演技する.

ホングジヤング監督はデビュー作 <キッチン>を通じて庭先ある窓が多い家,充満する日の光,誠をこめた料理,纎細な感情で二つの愛が出会う内緒な空間 <キッチン>を完成した.映画 <キッチン>はどきどきする愛程きれいな映像とトレンディながらも可愛らしい小品と衣装で 2009年最強ロマンスの面貌を遺憾無く誇示してぴりっとしてからも内緒な彼らの愛話を広げて見せる.


 楽しみですね。
 2月としたら・・・なんとかして見たいなぁ。日帰り?(爆)・・・マイルせっせと貯めなくちゃ^^

 改めて・・・やっぱりジフニが好きだわ♪と思っているのでした。まぁ・・・ペンに対するプロ意識云々・・・は何とも言えないけど^^;近くにいたら楽しそう(たとえ彼女じゃなくても・・・←何考えてるんじゃ^^;) いいヤツっぽいよね。そのまんまって感じで^^

 これ、宮撮影の前ころ?と思うけど、字幕付きで初めて見たので残しておきます。


あはは! 意味わかると面白~い^^男にモテるのね♪ わかるかも。
そして彼女の話・・・正直だ^^

 かっこいいね。FCカードに似てるけど・・・(決してどこかのNo1(爆)ってわけじゃないけど)
私的に好みです♪ いい男になったよね。
d0020443_954396.jpg


 では、また

 
[PR]
<< 55STEPS ページトップ 映画館で今年観た映画 2008 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon