まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「天国はまだ遠く」 2008 日本
2008年 11月 10日 |
 こんにちは
11/8封切りの瀬尾まい子原作、加藤ローサ、チュートリアル徳井義実主演の「天国はまだ遠く」を見てきました。
d0020443_18212678.jpg

 この映画が最初に気になったのは、チラシがあまりにも印象的だったから。
秋の日本の美しさ、そして主演二人の表情、それがいい雰囲気を醸し出して、ぜひ見てみたいと思うように。

 物語の内容は簡単にいうと…加藤ローサ演じる若い女性が、日々の暮らしにつかれ、自殺を図る・・・でも失敗して、そこからはじまる再生の物語です。

 はじめに自殺未遂を起こすってところで、実は見るのを躊躇した部分もあったのですが・・・
美しい丹後の国・天橋立の景色、紅く黄色く燃える秋の山々、美しい日本の秋の景色とともに、一人の女性が自然に癒され、周囲の人々と関わりながら、元気を取り戻すさまが、とても共感できて、心の奥底から一緒に癒されていくような素敵な作品でした。中盤くらいからは、見ている自分がいるのかいないのかわからないくらい(笑)、すっかり引き込まれていました。
 チュートリアル徳井の演技も自然でよかった^^

 見終わった後、心にすがすがしい想いが残りました。
よかったです。お勧め!

 本当に・・・最近見る映画は当たり続きと思います。
見終わった後の感じをもう一度味わいたくて、上映期間中にもう一度行きそうな気がしてます^^それほど何か余韻を残す映画でした(贔屓目じゃなくて・・・ね^^)

  公式サイト・・・こちら   cinema topics・・・こちら  goo映画・・・こちら



 あらすじ
深刻な面持ちの若い女・千鶴が、ひとり降り立った駅からタクシーに乗り込む。人のいない奥地へ連れて行ってほしいと告げて到着したのは“絶景の宿 民宿たむら”。見るからに主人らしくない青年・田村に迎えられ、部屋に落ち着くと、意を決して大量の睡眠薬を飲む。二度と目覚めない深い眠りについたはずだった。ところが、さんさんと降り注ぐ朝日で目覚めた千鶴を待っていたのは食欲をそそる朝食の匂いだった。(goo映画より)

 感想
 朝食のにおい・・・七輪で焼ける鯖の香りで、36時間の眠りからさめた千鶴は、田村がご飯の心配をするほどの食欲。
徳井演じる宿の主人、田村は自然な演技でとてもとても^^よかったんですが、都会での生活に疲れた千鶴・・・ローサちゃんからは、ここまで思いつめる状況ってのが伝わってこなくて、浮いて見えて・・・あわわ・・・と実は思ってしまいました。けれど、中盤・・・「生と死の境目は一体どこなのだろう」・・・と刑事さんが言ったあたりからは、すーっと馴染んで、共感して見ることができました。このあたりから、田村との掛け合いも、息が合って面白くなってきたし・・・ね。

 今までの人生で、胸が痛くなる思い出は誰にでもあると思う・・・若いころは特に。若さゆえ、迷ったり、わからなかったりで悩んだ記憶・・・今はいい思い出になっているんだけどね・・・見ている私も、千鶴と一緒に癒されていった気がします。

 天橋立の景色に、燃え立つ山々の景色に、満点の夜空に、スローペースで進む田舎暮らしに。

 そして、千鶴はただ癒されるばかりじゃなく、周りの人にも癒しを与えていく・・・田村にも。

 中盤からの、二人のやり取り。セリフがあまり多くないからなのか、表情や画面全体の雰囲気から、それぞれの想いが直接心に伝わってきて、ぐっと引き込まれて見ていました。

 「生と死の境目って」・・・思わず引き込まれそうになる千鶴を引き留めた田村。ぎりぎりのところで立ち止まる自分・・・境目。

 ラスト、とても趣があって好きでした。安易じゃないのが(この言葉、毎回行ってる気がする^^)。あそこで立ち止まらずに行かなくちゃね。見ている私たちを連れて(!)。田村はまだ見つけられないでいる。けれど止まっていた時計は動き始めたんだよね。千鶴によって。

 ラストクレジットで流れる「こと」という主題歌も透明感があって、とてもこの映画に合っていました。素敵でした。

 そしてそのあとに・・・未来を期待させる映像がありました。歌が流れても帰っちゃだめですよ。
想像が膨らみました^^
 「春になったら、花が見れる」・・・二人で見るのかな、それともひとり?

 特に何か大きな出来事が起きるわけじゃないけど、普通の暮らしの中で、自分を見つけていく・・・これは先日見た「しあわせのかおり」でも思ったことなんですが、とても共感できて、しっとりと心に残る気がします。このタイプの映画、実はとても好きです。

 もう一度見に行くと思います。それほど素敵な余韻を残してくれた映画でした^^心の奥底から癒されていくような・・・

 そして・・・この映画で気づいたのが、チュートリアルの徳井って、かっこいい!ってこと。ハンサムだし、背は高いし、スタイルいいし・・・そして演技もセリフ回しも自然でよかった♪ いつものエロボケ(笑)はどこへやら!でした。俳優もいいじゃん!と思いましたよ。

 久しぶりに熱の入ったレビューになりました。

では、また^^
[PR]
by twinkle-star3 | 2008-11-10 18:20 | 映画 |
<< いろいろ・・・널러와☆遊びにお... ページトップ アンティークいろいろ 11/8 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon