まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 容疑者Xの献身 2008 日本
2008年 10月 09日 |
 こんにちは
今週のレディスディは、ガリレオの映画版「容疑者Xの献身」を見てきました。

 東野圭吾さんの同名の直木賞受賞作を原作にした、人気TVシリーズの映画化です。

 あらすじ
天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るっていた富樫。元妻である靖子が容疑者として捜査線上に上がるが、彼女には完璧なアリバイが存在していた…。 goo映画より

  公式サイト・・・こちら



 映画は面白かったです。
ただ、謎解きの面白さよりも、心情的な面が強く描かれていたと思います。

 お互いを認めあう天才が二人…家の事情もあって、進む道が違ってしまうと、こうも違ってしまうのか。結末は涙なくしては見れないものでした。

 もう一人の天才役の堤さん。
いつもスーツをかっこよく着こなして、出来るビジネスマンを演じている同じ方とは思えないほどの、お姿でした。役者ですね。顔の印象、歩き方、しゃべり方、本当に役になりきっていました。

 この堤さん演じる石神のトリックはどんななのか・・・そして、彼の考えていることは…。

 ネタバレしないで、ぜひ見ていただきたい映画と思いました。
 これは・・・泣かないだろうと思っていたんですが、ラストは涙がでて止まりませんでした。
原作も読んでみたいと思っています。

 原作を読んでいないのですが、特番でもよかったんじゃ?と思いました。ここの局のは、割といつも思うんですけどね。

 ラストに流れたkouさんのテーマソング、よかったです。

 ☆3.8

 ではまた^^
[PR]
by twinkle-star3 | 2008-10-09 21:36 | 映画 |
<< 映画「謝り」試写会 ページトップ アンティーク バス^^ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon