まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「マイブルーベリーナイツ」 2007 フランス/香港
2008年 03月 26日 |
 こんにちは
春休み前の最後のレディスディに、こちら「マイブルーベリーナイツ」を見てきました。
歌姫ノラ・ジョーンズ初主演作品、そして昨年の春にHolidayを見て、素敵♪と思ったジュード・ロウ主演。大好きだけれど、最近見ていなかったラブストーリーということ、たびたび見た予告で流れた音楽の素敵さに期待大でした。
d0020443_21314881.jpg

 映画は、するすると見れて、95分があっという間、映画の色使いとか・・・この監督独特って気がしました。



 あらすじ(goo映画より)
恋人に捨てられたエリザベスは彼のことが忘れられず、彼の行きつけのカフェに乗り込む。そんな彼女を慰めてくれたのは、カフェのオーナー・ジェレミーと、甘酸っぱいブルーベリー・パイ。それからのエリザベスは、夜更けにジェレミーと売れ残りのパイをつつくのが日課になる。しかしそんなある日、彼女は突然ニューヨークから姿を消す。恋人への思いを断ち切れずにいたエリザベスは、あてのない旅へとひとり旅立ったのだった…。

 感想
 more前にも書いたとおり、するすると見れた作品でした。
人生最大の失恋を描いた割には、重さはあまり感じなかったです・・・悲しみにくれているリジーでしたが、私はその立場に共感するより、一歩おいてみてしまっていたからなのかもしれません。

 あてのないひとり旅にでたリジー、最初の街でであった一人の人とひとつの哀しい出来事、そして次にであった女性とのやり取りもまた、画面の色調のせいか、リジーの視線のためか・・・やはり傍観者的な目線で見ていました。なんとなく、すべてが夢のようにはかなく見えたような・・・独特の雰囲気がありました。

 けれど、車で旅することになった女性(ナタリーポートマン)、リジーとの距離感の取り方がリアルでした。
全編が、とまっている絵を見ているような感じがしたのですが、この二人のシーンだけは生き生きとしていたと思います。

 Holidayのジュード・ロウにはほれそうになりましたが、こちらのジェレミーは、扉を開けて待ち続ける男でしたね。元カノとのシーンは、その微妙なセリフの言い回し、視線など、いい余韻があったのですが。

 最近重い映画ばかり見ていたせいか、変なところに力が入りすぎず、さらっと見れた映画でした。
・・・よく言えば・・・ですが、本音は旅のエピソードがもうひとつほどはあったらよかったのにな・・・・と物足りなかったです。夢のような感じ・・・というか、えっ・・・これで終わり?って。
あっ。。。でも音楽はよかったです。

     公式サイト・・・こちら     goo映画・・・こちら

 そして、去年見たHolidayがまた見たくなりました。素敵なラブストーリーでしたよね。

 明日から春休みに入ります。春休みは短いけれど、しばらくレディスディはお預けになりそうです。
では・・・また^^
[PR]
by twinkle-star3 | 2008-03-26 21:28 | 映画 |
<< 魔王公式ガイドブック ページトップ 「モリー先生との火曜日」 を読... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon