まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「KIDS」 2008 日本 を見てきました
2008年 02月 02日 |
 こんにちは
2/8今日封切りの、小池徹平くん、玉木宏くん主演の映画「KIDS」を見てきました。
久々の初日鑑賞・・・銀座や新宿では舞台挨拶もあったんですよね。私は気づくのが遅くて、ゲット~と思った時にはすでにチケット完売!!! 普通にシネコンで見ることに・・・生玉木くんに逢いたかったなぁ~・・・次回は必ず!!!って^^(最近、自分の中でブームなんです。かっこいいよね~・・・鹿男も見てます^^)

 映画はよかったです。あらすじなどほとんど読まないで見たので、重いテーマだったことと、↓向きの展開が続いたので、「しまったかなぁ・・・」と思ったんですが、大丈夫でした。
d0020443_213109.jpg

 ワイルドな玉木くん、めちゃかっこよかったです。この姿見ただけでもよかったわ~と思ったんですが、前半重かったのですが、ラストは心が洗われたようなすがすがしさがありました。よかったですよ。



 あらすじ: 夢も希望もなく、すさんだ生活を送る青年タケオ(玉木宏)は、街にやって来たばかりの少年アサト(小池徹平)と出会う。ある日、チンピラに絡まれたアサトを救ったタケオは傷を負うが、アサトが彼の手を取ると傷がアサトに移動する。まったく共通点のない2人だったが、アサトの秘密を知ってから友情を深めて行き……。(シネマトゥデイ)

 ピュアであるがゆえに傷つきやすい二人・・・二人が出会って、仲良くなっていく様、次第に見えてくる二人の心の傷、周りの傷・・・二人を取り巻く状況も明るいものじゃなくて、前半は実は暗い気持ちで見てました。シホがマスクを掛けている理由がわかった時、そしてアサト(小池徹平くん・・・ね)が母と会うシーンは、その最たるものだったんですが、事故の場面からは一転して、画面に引き込まれていきました。

 入院する父の体に傷が何もなかったこと・・・ピュアな心は、ちゃ~んとタケオの本当の気持ちをわかっていて・・・
 「お母さんに何を言われたか、わからないけど、俺が・・・お前の生きる支えになってやる。肉親より強いものがあるんだ」・・・アサトに語るタケオ・・・
  二人は心の傷も分かち合って、癒しあっていたんですね。
 
 これから!に希望が持てるとともに、心に温かな気持ちが残る作品でした。途中・・・どうしようか・・・って思ったんですけどね。よかったです・・・ラストが。

 公式サイト・・・こちら   2/2の舞台挨拶レポ・・・こちら
 
 ワイルド玉木くん、アクションシーンも素敵でした。
 鹿男とも千秋様ともぜんぜん違う役なんですけどね・・・かっこいいよ~♪(実は好きだったんです・・・と、何気に告白・・・キャハハ♪追いかけるかも~)

 ではまた~♪
[PR]
by twinkle-star3 | 2008-02-02 21:58 | 映画 |
<< 『テラビシアにかける橋』200... ページトップ 2007.12月 ソウル旅行そ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon