まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「僕の彼女を紹介します」
2005年 05月 18日 |
やっとビデオ店でこのDVDに出会えました。今までいつ行っても貸し出し中だったんですよ。
朝子どもを送った後、早速見始めました。

はじめから、この監督・主演女優のペアの前作「猟奇的な彼女」のイメージを持って見てしまいました。
学生と警察官で、立場は違うけれど、性格は猟奇的。すごいことをたくさんしてくれて、見ていてはらはらしたり、すっきり爽快感を感じたり。主演男優がふりまわされるのは、いつものことですが、惹かれていくところも、見ていて気持ちがわかりました。

物語の持って行き方、光景など、とっても似ていて、チャン・ヒョクとチャ・テヒョンの顔の違いだけが、印象に残る感じ。
「うーん」と思いながら、見続けていると・・・きましたきました・・・
彼が死んでしまってからの彼女。
風と話すさま、心の葛藤など・・・いつの間にか、涙がぽろりぽろり・・・ざーっと、頬から流れ落ちるくらい。見ていて切なかった・・・。久しぶりに泣きました。これぞ韓国純愛映画の王道!ですね。

切ないお別れの後の出会い。なじみの光景に、またまた涙が止まりません。
このシーン、主演のチャンジェヒョンが一番好きなシーンだとか。見る側の期待が高まって、やっぱり・・・と安心させてもらいました。私も大好き!よかったです。

泣かせる部分がとってもよかったけれど、ロボコップみたいなチャンジェヒョンもとってもかっこよかった!です。 X-japanの挿入歌も日本バージョンだけかと思ったのですが、全世界共通だったんですね。素敵でした。

たくさん涙を流して、何故だか癒された感じがしました。よかったです。

あっ言い忘れていました。
二人のやり取り、「ごめん(ミヤネー)」・・・『名前は』・・・『ミヤネー』・・・「ごめんなさいさんなの?」「そんな変な名前あるわけないじゃない」・・・・・・と。あるんですよね。ここは福岡ですが、最近、「おは朝」の宮根アナの名前をよく目にするので、にやにやしてしまいました。

「僕の彼女を紹介します」サイト

とってもお薦め<★★★★★>です。
[PR]
by twinkle-star3 | 2005-05-18 21:13 | 映画 |
<< 「甘い人生」3回目 ページトップ 「美しき日々」 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon