まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「美しき日々」ノーカット版について
2005年 05月 17日 |
d0020443_894714.jpg


 「美しき日々」のコンサートの後、見たい気持ちが再燃して、ノーカット版を見直しました。
最初の発売の時に、一気に情熱!でぽちっとしてしまったのですが、発送メールがきてから、20日くらいかかった届いたものでした。

 一応リージョンオールですが、ちゃんと見れるか心配でしたが、特にトラブルもなく、見ることが出来ました。

 感想・・・やっぱりノーカットだと、物語のつながりがスムーズです。N○Kさん、結構大事な部分をカットしています。22話のソンジュの場面は有名だけど、前半のヨンスが室長に惹かれていく心の動き・出来事も、カットしていて、もったいない場面がたくさん。前半好きの私としましては、何回も見直しております。
 訳は、直訳が多くて、本来の意味がわかって、目からウロコの場面も沢山。いかに日本版が意訳が多いかがわかります。まぁ、文化の違いとかもあって、わかりやすくした配慮だと思うんだけどね。
 けれど反面、日本語として、意味が通じない場所も何箇所かあって(9話の海辺の朝、二人で海を眺めているところなど・・・???なところがあと2~3箇所ありました)。ヨンスが「俺」と言っていたり、室長がいきなり女言葉になっていたり・・・もね。最後にとても日本語に通じている人の、チェックがあればよかたのに・・・と思います。美しき日々をはじめてみる人が、ノーカット版から見ると、つらいだろうなと思います。何回も見ているは、もうわかっているから大丈夫だけどね。本当もったいないです。
 あと良かったのは、曲が日本とは違って、場面にあった良い(好みです)曲がかかっていたこと。二人でチークの場面も、もちろん言ってくれていました。

 画質はどちらもよいんだけど、ノーカットの方がちょっと赤っぽかったです。

どちらがいいかは・・・好みですが、どっちもいいですよ・・・。
残るは、ノーカット字幕版放送ですね。N○Kさんっ!

ノーカット版は、写真集がなかなかすぐれものでした・・・でも、ほとんど見ていないのは。。。何故?

注・・・ただいま販売のものは。リージョン3のようですが、またオール発売するような気がします。・・・憶測ですが、すみません。

ノーカット版との比較でした。
[PR]
<< ハウステンボス ドラマティック... ページトップ 「誰が俺を狂わせるか」(1995年) >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon