まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「バベル」 2006年 米
2007年 05月 07日 |
 こんにちは♪
GW中にこちら「バベル」を見てきました。
アカデミー賞候補に挙がっただけあって、奥の深い、含蓄のある作品と思いました。

  バベル 公式サイト・・・こちら
  goo映画・・・こちら   yahoo映画・・・こちら



 人と人のつながりって、愛なんだなぁ~と。
家族や愛する人を大切に思う気持ち、それが大本にあるんだと再認識させてくれる映画でした。

 モロッコで放たれた一発の銃弾が引き起こす出来事・・・それは被弾という大変な出来事だったけど、カリフォルニア、メキシコ、日本でと、さまざまに繋がっていきます。

 それぞれおろかなことをしてみたりするけれど、人はコミュニケーションをとって生きて行きたい・・・底辺に流れる人間愛を確かに感じる作品でした。

 途中画面の切り替えが早すぎて、ついていけなくなったけど、最後まで見ると、ほっこりと暖かいものが心に残る作品だったと思います。
一緒に行った夫は、人間愛だなぁ~・・・いい作品だったよ・・・と満足していた様子でした。

 難解なところもあるので、帰り道、わからなかったシーンやあれこれと、話に花が咲きました。
一人で見るよりは、誰かと感想語り合ってほしい映画だと思います。

 凛子さん、熱演だったけど、驚きました・・・@@
メキシコ人の家政婦さんの演技も心に残りました。この方も助演女優賞にノミネートされたんですよね。
 ケイト・ブランシェット、好きな女優さんなのですが、つらそうな姿ばかりで・・・ちょっと見ていて痛かったかな?
 
 いい作品だったと私も思います。お奨めです。

 ではまた♪
[PR]
by twinkle-star3 | 2007-05-07 19:51 | 映画 |
<< 今日はペンミ♪ ページトップ 魔王 13.14話 台本よんでの感想 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon