まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「復活」完走♪で、感想です。
2007年 02月 26日 |
 あんにょん♪
韓国ドラマ「復活」を昨晩完走しました。木曜から見始めて、わずか4日で24話完走・・・我ながら、集中してみたなぁ・・・と。謎が謎を呼ぶ展開で、一度乗ったら降りられないジェットコースター乗った気分で、一気に駆け抜けました。

 この作品、復讐がテーマですが、企業ドラマあり、刑事ドラマあり、謎解き、そして主演のオム・テウンさん演じるハウンとハン・ジミンちゃん演じるウナの切ない恋・・・と、盛りだくさんな内容で、さまざまな要素が絡まりあった展開でした。
 全24話の脚本が出来上がってからのクランクインだったそうで、不自然なところのない綿密に計算された展開に、私が韓ドラで時々感じる行き当たりばったりのつじつまの合わなさ・・・は全く感じませんでした。本当に脚本がいいと思います。
 ハウンとシンヒョクの二役をこなしたオム・テウンさん、二人の性格を微妙に演じ分けていて、素晴らしい演技力・・・ですね。ビョンホンシを思い出しましたよ。 ハン・ジミンちゃん、切ない演技が上手です。・・・オールインでヘギョの子供時代を演じただけあって、一瞬間違うこともあるほど似てた気がしました。顔も役の性格も。
 このドラマ、オールインやアスファルトの男、美日々など、ビョンホンシ出演ドラマの配役や設定が被るものがたくさんあって、また準テーマソングもオールインと類似していて、見ながら昔のドラマを思い出してしまいました。
 深くビョンホン作品を愛する人には、ある意味たまらない作品のような気がしてます。
私があるドラマを見ていて、ほとんど唯一なのですが、せつなすぎる・・・と思うところを上手く描いてくれています。
 このドラマを作った方、かなりビョンホン作品に影響されている気がしてます。ファンじゃないのかな?と思うほど。オム・テウンさんの役も、BHssiがやっても似合いそうと思いますよ。

 見終わって一日たった今でも、不思議な余韻に浸っています。
とても印象に残る作品でした。おもしろかった!
 復讐シリーズ2の「魔王」も、ますます楽しみになりました。



 ビョンホンファンの観点から書いてます。

 配役を見たとき、実はドキッとしました・・・ミンチョルパパがいる・・・。全く予備知識なしで見たので、はじめは「アスファルトの男」的な役柄なんだ・・・と思っていました。いい人だもんね。でも後半正体がばれるにつれ、「美日々と一緒の設定やん。友達を殺し、妻を奪い、何食わぬ顔で家庭を築く男」。美日々では、事実を知って、ミョンジャさんがかわいそうなことになってしまうのですが、復活のオモニは強かった。娘のために強く生きていこうとする・・・この選択にほっとしました。美日々で唯一せつなすぎてたまらないことなんですよね。オールインのチソンくんのオモニ!えらいっ(^^;)私的に納得する対処の仕方でした。
 2005年秋の放映なのですよね。そういえば、2005年5月の美日々コンの際、ミンチョルパパ役のイ・ジョンギルさんがおっしゃっていた言葉、「私は悪い人間ではないと思うのですが、なぜか来る役は悪役ばかりで・・・この秋からもやっぱり悪い役するんですよね」と。・・・これって、『復活』のことだったんだ・・・と思いました。

 オム・テウンさんのガンヒョクとシンヒョクの演技の切り替え、素晴らしかったですね。動作ひとつとっても、微妙に違っていて・・・そして、シンヒョクになりきろうとするハウンも、上手かった・・・3役をこなしていたといってもいいほど。夢中になってみてました。笑顔がかわいかった!ハウンのね。

 ハン・ジミンさんもせつない演技と芯の通った女性の役、しみじみと印象に残るものでした。
役柄がオールインのスヨン(ヘギョ演じた)を思い出してしまいました。性格似てます・・・新人なのに、重要な企画を出して通るところも^^主役だから・・・そうなんだけどね。

 歌も、タイトルソングは違ってましたが、劇中流れる曲は、オールインのテーマととても似ていたと思います。別の曲ではあるんだけど、節回しが一緒・・・と言うか・・・ね。
 行方不明の女性の名も、「ミン・スヨン」でしたね。・・・私のこじつけ?とも思いますが、共通点見つけて、喜んでました。 絶対意識して作っている・・・と思いましたよ。

 つじつまの合わない・・・ところはなかったのですが、わかりにくかったところがひとつ。それは、ラスト・・・ハウンが奇跡的に助かった後、『なぜ放浪しているのか?』ってこと。
 納得のいくまで、自分を見つめてみる・・・ってことなのでしょうか?いつかは、ウナのところへ戻っていくのですよね。

 冷血復讐鬼となってからも、ふとしたときに見せるハウンの素顔・・・とても切ないものがありました。あたりの・・・身も凍るような裏切りの連続の中でさえも人を愛さずにはいられないハウンの姿にとても惹きつけられました。

 心に不思議な余韻をもたらすドラマでした。
「魔王」も本当に楽しみです。
[PR]
by twinkle-star3 | 2007-02-26 20:29 | 韓国ドラマ |
<< 映画「眩しい日に」、4/19公開決定 ページトップ 「らぶきょん」9巻と、ホッチリ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon