まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「幸せのちから」 2006年 アメリカ
2007年 02月 01日 |
 あんにょん♪
今週のレディスディは、午後から ホームレスから億万長者へ・・・実際のサクセスストーリー、「幸せのちから」を見てきました。
d0020443_1072191.jpg

公式サイト・・・こちら   yahoo映画・・・こちら   goo映画・・・こちら

 ウィル・スミス親子の絶品の息のあった熱演が見事、アメリカンドリームを体現したサクセスストーリーなので、見終わった後、たくさん元気がわいてきました。コピーどおり♪たくさんの感動を貰いました。 お子さんのいるパパに見てほしい・・・と思いました。



 全財産をはたいて骨密度測定器のセールスマンになったクリス。大金持ち・・・になるはずだったのに、思ったように機械は売れない・・・。そのうち家賃や税金も払えなくなる状況に・・・。
 稼ぎの少ない夫に代わって、日に14時間も働いて、家族を養う妻リンダ。笑顔の絶えない二人でしたが、いつしか生活のつらさに耐えかねて、リンダは家を出てしまいます。

 一家は本当に悲惨な状況・・・まったく売れない機械・・・家賃を払えという督促・・・限りなくお金がない状況・・・見ていて本当につらくて、こんな状況なら、リンダが出て行くのは仕方ないかな・・・と思えました。 自分だったら・・・耐えられるだろうかと・・・考えてしまいました。
 リンダが出て行った後、息子はどうしても渡せない・・・と引き取るクリス。こんな状況でも息子の教育のことも気遣うクリス・・・貧しくても言うことは言う姿に親として共感^^

 そこにいる人は皆幸福そうな顔をしていた・・・「数に強くて、決断力があれば、誰にでもできる」・・・証券街で道行く人に聞いた言葉に、人生をかけてみるクリス。
しかし、状況はますます悪くなります。
滞納していた税金を差し押さえられ、家賃を払えず部屋を追い出されてしまう二人。止まる場所がなく、駅のトイレで一夜を明かす二人・・・。つらくて涙が出てきます。このあたりはつらいことが次々と押し寄せてきてたまらない・・・財布には21ドルしかない・・・。誰も頼ることのできないってこと・・・その現実が胸に響いてきます。

証券会社のテスト生で勉強しながら、部屋を得るために教会の列に並ぶスミス親子。
今いる状況の中で、精一杯生きようとする姿、けなげについていく息子。
 ・・・5歳という年齢、本当はママにもパパにも甘えていたい頃。このくらいの子供って、親のことが大好きで、親のことも子供なりに思いやれて、我慢もできて・・・って言う年頃。
 クリストファーのけなげな姿が心をひきつけます。・・・自分に重ね合わせてせつなくて、たまりませんでした。

 話は、この親子のやり取りを主に展開していきます。
それとともにクリスの状況、研修生としての姿
・・・人をひきつける話術の得意なクリスは、結構なペテンぶり(失礼)で、たくさんの契約を取り付け・・・ついには20人の中から選ばれることに!・・・やった! 社員として採用してもらえる!がんばり次第では何にでもなれる!・・・数年後、自分で会社を作り、億万長者へと。

 幸せのちからって何だろう・・・子供を愛して、守ろうという力、よりよく生きていこうという姿勢、
ホームレスという最悪の状況の中、決して希望を忘れず、ついにはアメリカンドリームを手に入れた実話が元となったこの映画、見終わった後、爽快な気持ちで家路につくことができました。

 レビューしてみましたが・・・一言いいたいこと!もありました
本当に元気の出るストーリーなのですが、もう少しメリハリがあるといいなぁと思いました。
話の展開が平坦すぎるような・・・かなり創作していると思うのですが創作するならもっとね・・・惜しいかな・・と思います。
たとえば、バスに乗り遅れそうになって、大切なおもちゃを落としてしまうシーン。子供の気持ちが伝わって心痛むシーンなのですが、エピソードをつけて何かを語ってくれるといいのに・・。
ラストシーン、成功した姿は描かれていいのですが、一シーンでいいのであったらラスト締まったのに・・・と思いました。
 駅のホームで二人、行く場所もなくいすに座る場面、二人でする恐竜の世界へのタイムトリツプは、本当にほのぼのしていて、実際こうやって遊んでいるんだろうなぁと思える様で、心温まりました。二人の演技、すばらしかった! ですよ。

 「夏物語」もいいけど、こちらもとてもよかったですよ。
明るい気持ちになれる映画が見たい人にはぴったりかも♪子供のいるパパに見せたい映画と思いました。
 僭越ながら☆をつけるとすると・・・3.9かな♪ 高得点♪です

ではまた
 

 
[PR]
by twinkle-star3 | 2007-02-01 23:41 | 映画 |
<< 「夏物語」シネマート六本木 衣... ページトップ 「夏物語」 2.3回目鑑賞 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon