まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「青春漫画」 2006年 韓国
2006年 09月 03日 |
 あんにょん♪
さわやかな日曜日でしたね。まさに行楽日和♪といっても、今日は明日から本格的に授業が始まるので、用品の足りないものをそろえにお出かけしてました。 
 どらえもんフリークの息子、ランチをマックでとって、ひみつ道具をゲットして上機嫌でした。(このひみつ道具、本当に効くと思ってるみたい。。。ジーンマイクで歌った後「ねぇお母さん、感動した?」(感動させるマイクです)と。「んっ?」というと、「へんだなぁ。壊れてるのかなぁ」だって。どうも単なるおもちゃだとは思ってないみたいです・・・^^;やっぱまだ夢の途中♪の7歳だよね(「7歳までは夢の中」って本知ってます?)

 今年の3月に韓国で封切られた、クォン・サンウssiの『青春漫画』を見てきました。
d0020443_1994584.jpg
 解説: 13年間幼なじみとして兄妹のように育った男女が、人生の転換期に、友情から愛情へと気持ちが移り変わってゆく姿を描いた純愛ドラマ。幼なじみの男女の愛の軌跡を、『永遠の片想い』のイ・ハン監督が美しい映像でつづる。日本でも絶大な人気を誇る『美しき野獣』のクォン・サンウと『氷雨』のキム・ハヌルが共演し、まるで本当に昔からの親友同士のような息の合った演技をみせる。振付きで歌うデュエットも見逃せない。
 ストーリー: 13年間兄妹のように育った、ジファン(クォン・サンウ)とダルレ(キム・ハヌル)は、互いにアクションスターと女優を夢見て同じ大学に進学する。会えば子どものようにけんかばかりしていた2人だが、ダレルにハンサムな理想の恋人ヨンフン(イ・サンウ)ができ、2人の関係がぎくしゃくし始める。・・・・・・・・・・ヤフー映画より

 あのマッシュルーム頭が強烈で、かなり引くものがありましたが、コメディ上手の二人、キム・ハヌルさんとの共演ということで、楽しみに見ました。



 キム・ハヌルssiはコメディの女王と呼ばれていることもあるし、サンウssiもコメディを演じるのがすごくうまいと思うんですよね。「同い年の家庭教師」ほどののりのよさはなかったけど、結構笑えたし、しっかりほろり。。。とする場面もあって、面白かったと思いました。
 「野獣」に引き続き、きれいでかっこいい役ではなかったけど、こういう役も(髪型がピーッ^^;だけど・・・)許せると思えるものがありました。

 はじまってすぐ、ダルレの母役で、ソンジェママ(ミョンジャさん)が出てきたので、びっくり@@でした。最近の姿は久々に見ました~ミョンジャさんしてた時と変わらずきれいでした~

 ダルレとジファン、いい関係でしたね。
韓国モノお決まりの事件が起こって。。。涙モノ。。。だったのですが、しっかり立ち直って、二人の未来が想像できる明るさがありました。
 山の中にある二人の宝物が、きらきらして、とても素敵なものに思えました。

見た友達に。。。いまひとつ。。。って聞いていたんだけど、私にはなかなか良く思えました。

サンウの映画で一番すきなのは、「恋する神父」で、次点は「同い年の家庭教師」、その次に入るかな?・・・・・サンウの映画はほとんど見てます。見てないのは、「ひとまず走れ!」だけかな?手元にあるので近々見ねば!です。
 ☆3.5ってところかな?
        公式サイト・・・・・・こちら        シネマトピックス・・・・・・こちら
 ではまた♪
[PR]
by twinkle-star3 | 2006-09-03 18:46 | 映画 |
<< 「手の大きいお嫁さん-私の韓国... ページトップ チラシGET♪してきました。 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon