まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「アジアのオトコマエ」より・・・チュ・ジフンssi出演♪2005.9月
2006年 07月 27日 |
 あんにょん♪
梅雨が明けたのかな~と思う暑さでしたが、明日からまた崩れるみたいですね。梅雨明けは来週になりそう・・・です。

 さて、「宮」の記事、↓に一個upしただけなのですが、「宮」「チュ・ジフン」の検索ワードで来て頂く方が何人も。@@さすが今旬♪ですね。記事を増やすべく・・・引き続きupします。
 「宮」を見終わって、いろいろ検索していたら、どうも「アジアのオトコマエ」に出演していたらしい・・・と。その番組、見覚えがあるなと思い、ハードディスクを見直してみたら、^^なんと録画が運よく残っていました。去年9月にNHK福岡放送局の制作で放映した番組です。地元ではその頃出演者募集をしていました・・・何度も流れていたので応募しようかな・・・でも平日夜の収録に子供は誰が面倒見るんだって考えてやめた記憶が・・・。もし応募して採用されてたら、「共演」♪だったのね♪なんて^^;・・・



d0020443_20311328.jpg

 番組は、アジアの玄関「福岡」で、アジア4カ国(シンガポール・韓国・中国・インド)のオトコマエ4人に登場してもらい、出演者(萬田久子、おぎやはるの、吉野彩香)にコメントをもらったり、会場50名にボタンを押してもらい、オトコマエ度を測るというもの。
 2番目に登場の、チュ・ジフンシは35人で断然トップ♪でした。

 NHKが「宮」以前のチュ・ジフンssiの出演を決めたのは、ユン・ソクホ監督の四季シリーズ「春のワルツ」のオーディションで採用されたから・・・のようです。新人発掘に長けた方(ソン・スンホン、ウォンビン・・・などなど)にトップで選ばれた・・・というのがすごいことです~と説明ありました。今年秋から、NHKで放映されるそうです(クッキの後かな?)・・・重要な役って、どんな役ででてくれるのでしょうね。・・・出演止めたんですよね。知らなくてミアネヨ・・・

 一日のスケジュール、会場からの質問コーナー、そして、ピアノ演奏(!がんばってましたね^^)。ラスト「皆さんに一言・・・」に対し、「スゴハショッスムニダ、サランヘヨ(お疲れ様でした。あいしてます)」・・・(おいおい・・・それだけかいっ^^;)でしたが、笑顔盛りだくさんで、いいショットいっぱいありました。
d0020443_20474355.jpg

 画像、あまり良くないのは、ソウルからのインターネット中継だからのようです。録画普通モードってこともあるけど・・・。

 インタビュアーのイ・ミエさん。印象が強いですが、このお方、NHK福岡放送局の夕方の番組に、「韓国情報」のコーナーがあって、そのリポーターもされていました。時々拝見していたのですが、現地の生情報(習慣、行事、今流行っていること・・・とか)を詳しく興味深く取りあげてくれていて、面白い番組でした。今も・・・やっているのかな? 関東に引っ越す3月までは見てましたよ。福岡は「アジアの玄関口」というだけあって、身近に感じる企画がいろいろありました。・・・距離も近いしね。東京行くより近いもんね。 

 では、もう一枚・・・
d0020443_2103125.jpg

 また♪
 
 
[PR]
<< ネ チョウン シーン 21話よ... ページトップ 渋谷にて >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon