まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「容疑者 室井慎次」2005年 日本
2006年 07月 26日 |
 あんにょん♪
昨日何本か借りてきたDVDの中の一本。踊る大走査線シリーズのアナザーストーリー最新作容疑者 室井慎次
/ ポニーキャニオン
ISBN : B0007D3NJA


を見ました。
  踊る大走査線って、警察組織・官僚組織の現状をうまく描いているし、展開も速くて、正義・真実・誠実さなどを体現する青島刑事や皆が素敵だし、本当面白いドラマですよね。毎回楽しみに見ていました。



解説: 『踊る大捜査線』スピンオフ企画第2弾。シリーズでも人気の高いキャラクター・柳葉敏郎演じる室井慎次を主役にしたクライム・サスペンス巨編。若き女弁護士役に田中麗奈、徹底的に室井を追い詰める弁護士に八嶋智人。湾岸署のスリーアミーゴス・神田署長役の北村総一朗、袴田健吾刑事課長役の小野武彦、秋山副署長役の斉藤暁らも登場している。今まで語られることのなかった室井の過去が明らかになる衝撃作。

ストーリー: 2005年2月某日、警視庁・室井管理官(柳葉敏郎)が、自らが指揮をとった殺人事件の捜査の責任をとらされ、逮捕されてしまう。警察庁と警視庁の確執が絡み、新城(筧利夫)や沖田(真矢みき)の尽力も虚しく、事態は最悪の状況になり……。
            ・・・yahooムービーより

感想
 いつもの調子でテンポよく見れました。
しかし、室井役の柳葉さん、真矢みきさん、筧利夫さんは、いつもの安心感で見れたのですが、弁護士役の田中麗奈さんの演技がういてるなぁ・・と感じました。重要な役なんだけどね。また、前作の「交渉人真下~」では馴染んでいた哀川翔も、こちらではしっくり見えてこない感じ。室井を徹底的に追い詰める弁護士やそのまわりの人たちも、役不足・・・かなって思いました。・・・かなり辛口です。
 事件の真相も気が抜けました。まぁ、それが官僚制や世の中の金偏重主義(去年の秋ですものね・・・)への辛口な描き方・・・でもあるんだけどね。

 室井さんの過去が明らかになったり、前回敵役だった真矢みきさんが室井を助ける役になつていたので、そこはよかったかな~と。

 テンポがいいので、一気に見れますが、踊る・・・本シリーズに比べるとやっぱ寂しいかな~と思いました。★は・・・3.0でしょうか・・・

まだ何本か借りてます。全部みなくちゃね^^
ではまた~
[PR]
by twinkle-star3 | 2006-07-26 00:29 | 映画 |
<< 渋谷にて ページトップ 「宮」♪・・・かなり♪嵌ってし... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon