まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「美しき野獣」2006年韓国
2006年 02月 13日 |
あんにょん♪
お天気のよい一日・・・ハングルの授業がキャンセルになったので、
急遽♪、クォン・サンウ主演の「美しき野獣」を見てきました。
d0020443_2246819.jpg

一言・・・ユ・ジテがよかったです。ストーリーもはっきりしてわかりやすく、
その点では○でした。




あらすじ
 ソウル地方警察の凶悪犯罪捜査班に勤務する若き刑事チャン・ドヨンは純粋で正義感に溢れる男。しかしそれゆえに犯人逮捕にあたっては手段を選ばず、力ずくの強引な捜査をしてしまう。そんなある日、ドヨンが自らの手で逮捕した義弟イ・ドンジクが出所直後、ドガン組の幹部ペ・カンチュンに殺されてしまう。怒りに震えるドヨンはドガン組の撲滅を心に誓う。そしてもう一人、ドガン組の撲滅に乗り出した男がいた。冷徹で妥協のない仕事ぶりで知られるエリート検事オ・ジヌ。やがて2人は運命的に出会い、協力して捜査を進めるが…。・・・・・alcinema onlineより

感想
 ユ・ジテの演技が光りました。ぐいぐいとひきつける感じで・・・。
サンウの映画と思ってみたのですが、ユ・ジテの演技ばかりが心に残っています。
サンウは、今までのイメージから脱皮しようと、新たな役(顔を黒くしてみたり、きたない粗暴な態度をとってみたり・・・と)に挑戦した姿勢はわかりますが・・・がんばりすぎて空回りしている印象でした。

 哲学的わからなさがなくて、ストーリーがはっきりしてわかりやすかった!です。
さすが韓国作品だけあって、残酷な生々しい描写が多々あり、私ははっきりいって苦手なので、目を背けること多でした。あまりいうとネタバレになるので控えますが、「甘い人生」を彷彿とさせる場面も。(でも甘人の方がはるかに強烈!)

 思っていた結末と違っていて驚きました。
「そこまでしなくても・・・」って、実は思いました。・・・状況設定のすごさ・・・その点でも、韓国映画だなぁ・・・と思いました。

 でも、どうして「美しき・・・」をつけたのでしょう?「野獣」だけのほうがしっくりきました。だって・・・美しくないじゃん♪それに・・・この映画のサンウの役はやっぱり野獣なのよ・・・微妙・・・ユジテの役を選んだほうが・・・ピーッ・・・

 久々・・・☆を復活します・・・でも、今まで評価が甘かったと思うので、
普通が★★★ってことで、これから統一します。

 さて、この映画は・・・
★★★・・・3.5 星ってところでしょうか。
私は結構好きでした。ストーリー的には面白い^^ユ・ジテも素敵だし・・・♪
だけどかっこいいサンウを期待したら・・・ちょっとハズしてしまうかも。
暗い映画館の中、なぜかツボにはまって、笑ってしまっていた私・・・ファンの方、ミアネヨ(黒い顔が浮き上がって見えてしまって・・・)・・・これと、その次がマッシュルームカットの「青春漫画」ってところがう~ん・・・って思いました。
韓国での上映はつい最近らしいのですが、期間がとても短かった・・・のだそう・・・う~ん、そうかぁ・・・でも面白かったけどね。
公式サイト
公式ブログ
Yahoo映画・・・『美しき野獣』単独インタビューへ
ではまた♪
[PR]
by twinkle-star3 | 2006-02-13 22:41 | 映画 |
<< 5月から放映決定 ページトップ 画像の整理をしていたら・・・^... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon