まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「B型の彼氏」2005年韓国
2006年 02月 03日 |
 あんにょん♪
字幕版は以前見たのですが、吹き替え版を大画面で見てきました。
d0020443_19304012.jpg
あらすじ
運命の出会いを信じる女子大生ハミ(ハン・ジヘ)。間違いメールの相手、ヨンビン(イ・ドンゴン)と偶然に出くわした彼女は、彼こそが運命の相手と思い込む。だが、ヨンビンは“女性が恋人にしたくない男性1位”のB型の男のコだった!
慎重なA型のハミは、ヨンビンの予測不能の行動に戸惑いながらも、その大胆で積極的な性格に魅了されていく。B型男性嫌悪症の従姉チョヨン(シン・イ)の妨害工作もなんのその、ヨンビンとの奇想天外な日々を楽しんでいたハミ。だが、彼の身勝手な行動に次第に傷ついていき、ついに別れを決意する。
しかしヨンビンには、そんな行動を取ってしまう“ある秘密”があって…。果たして真実の愛は、血液型を乗り越えられるの?オフィシャルサイトより・・・



 B型男の性格が、おもしろおかしく描かれていて・・・彼のとる態度にふむふむ・・・そうよね・・・とうなづく場面しきり。一緒に観たB型の友達は「誇張しすぎよ!」といっていたのですが、ハン・ジヘ演じるハミも、A型そのものの行動で、二人のやり取りがひきおこすあれこれ・・・は、現実感があふれていました。

 サプライズ好きのB型、夜中のコンサートは素敵でした^^(でも、近所迷惑・・・)
バラの花束もって学校へ来てくれるところといい、担当教師を懲らしめるところといい・・・女心がわかってる・・・^^

 従姉のチェヨンも、強烈なキャラクターで、彼女こそB型?って思ったのですが・・・。字幕版ではそうだった記憶があるのですが、吹き替えのほうにはそのセリフはありませんでした。私の記憶違い?かしら・・・。
 ヨンビンのパパも強烈!でした。B型なんですよね。息子に輪をかけたような性格で、さすがのヨンビンもたじたじ・・・。
 
 出てくるキャラが皆個性的で、おもしろかつた!
ヨンビンのある秘密って、「○○に乗れないこと・・・욘빈씨 버스를 못타요」ですよね・・・

 この映画、脇役も「えっ!」という人が出ていて、驚きました。
まずは・・・結婚相談所に登録に来る男・・・「誰にでも秘密がある」の長女の夫、「甘い人生」の銃密売組織のボスなどを演じた、キム・ヘゴンさん・・・笑わせてもらいました^^おもしろい役で今回もいい味出してました
 ヨンビンのパパ・・・「大変な結婚」のやくざの長男(ジョンウンちゃんの長兄)、「同い年の家庭教師」のサンウのパパ役など・・・よくみかけますよね^^・・・ヨンビンの上手をいくB型性格してました、強烈^^
 ハミの友達(髪の短いほう・・・ボヨンという名らしい・・)・・・「私の名前はキムサムスン」のヒジン(サムシクの前恋人)役・・・チョン・リョウォン・・・髪型が違うと別人のようですね。でもすぐにわかりました^^イェッポヨ♪

 たくさん笑えて、ハッピーエンドなので、幸せな気持ちになれます。
そのころ・・・の自分を思い出して、一緒にどきどきしたり・・・喜んだり・・・なつかしいなぁ・・・と。
「ランラン18歳」に続く、ハッピー路線^^ですね。主演の二人も同じだし・・・実生活でもラブラブなのよね^^お似合いだな・・・と思えました。(ファンの方、むっとしてたらごめんなさいね)

 大画面で観るドンゴンシはかつこよかったです^^ファンの方は必見かも・・・
でも、「吹き替えだから嫌」って声、聞こえてきます~が
吹き替えも声質の似ている人を選んだ・・・とのごとく、違和感ありませんでした。吹き替えのよさは、セリフが多くなるので、わかりやすくなること・・・ですよね。以前字幕で観たときより、細かいところによく気がつきました。そこはよかったかな・・・。
 でも、「字幕じゃないから見に行かない」といっている人も多かったので、惜しかったかなとも思いました。吹き替えにしたのは、中高校生向けってことかしら?

 公式サイトへ
 
[PR]
by twinkle-star3 | 2006-02-03 19:15 | 映画 |
<< 「博士の愛した数式」 2006... ページトップ 2006年韓流シネマフェスティバル >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon