まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「トンケの蒼い空」 2003年 韓国 を見ました
2005年 11月 24日 |
 おはようございます。
やっと日々の慌しい状態から開放されたので、少し前に見た「トンケの蒼い空」の感想いってみます^^
   公式サイトへ
d0020443_22565629.jpg




 あらすじ
 警察に勤める父一人子一人でそだったトンケは、あるとき、高校のサッカー部の先輩にひどいことをされ、そのときの県下がもとで、高校を中退。それから孤独で無為な日々を送っていた。そんな彼も仲間ができて仕事に就き、父との二人暮らしに少女が加わることで、彼の人生にも光が射し込み始めた。しかし、その先に待ち受けていたのは、彼の大切なものを脅かす事件や人々だった...。

 「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンssiの演技に見せられた私。次に公開されるこの「トンケ・・・」はどうなんだろう・・・と楽しみに見ました。
 感想は・・・驚きました。ひたすら美しく描かれていたチョルスに対して、このトンケは、ぜんぜんかっこよくない・・・。背中を丸めてのそのそ歩く姿は、「これ誰?」って思いました。演技うまい!です。まったくの別人、しゃべり方も、食べ方も、笑い方も・・・かっこいい姿はどこにもありません。「皆の期待しているチョン・ウソンじゃないと思いますが」と以前インタビューで答えているのを見ましたが、まさにそのとおりでした。

 ストーリーは、ニートのトンケが仲間と出会い、いろいろな出来事があって、父との確執もあり、ちょこっとだけ・・・ですが、淡い恋(のようなもの)もあり・・・で、トンケなりに良いほうに向かって進んでいく・・・立ち直って(というほどのものではないですが)いく・・・という内容。

 たんたんと進んでいきます。観た直後よりも、じわじわと後になって「よかった」と思える作品かな・・・と思います。

 消しゴムは、女性にも男性にもうけたと思いますが、こちらはどちらかというと、男性。。。それも、生き方を模索している男の人に受ける内容ですね。

 今韓国で上映中の「サッドムービー」、楽しみです。
また、ジヒョンちゃんと共演の「デイジー」も見てみたいなぁ・・・いつくるでしょうか。これも、楽しみ^^です。

 久々にレビューを書いたので、むっ・・・難しかったです。でも、ぼちぼち書いていきますので、よろしくお願いします。
[PR]
by twinkle-star3 | 2005-11-24 07:30 | 映画 |
<< 「輪舞曲」2006年1月からT... ページトップ 次回作か・・・ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon