まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「ラブ 最愛の人」1999年 韓国
2005年 10月 07日 |
 こんにちは 今日ははっきりしないお天気です。午後から天神へお出かけの予定^^自転車で行けるかな~^^と。雨が降らなきゃいいなと思っています。

 先日チョン・ウソン、コ・ソヨン主演、イ・ジャンス監督(「美しき日々」「天国の階段」「美しい彼女」などの監督)、の「ラブ 最愛の人」を見ました。

 「私の心の中の消しゴム」以来、チョン・ウソンがまわりで流行っています。その続きで、他作品を見たい!ということで、こちらを借りてきました。イ・ジャンス監督作品(美しき日々の監督よ^^)っていうのも、ツボだったかな。

 楽しみに見ました。




ラブ 最愛の人
 あらすじ   アマゾンより抜粋
「美しき日々」「天国の階段」のイ・ジャンス監督が贈る、ハート・ウォーミング・ラブストーリー。
韓国最高のマラソン選手として国際大会で金メダルの経歴を持つミョンスは深いスランプに陥った。L.A.遠征の際、ミョンスは勝てる自信がなく選手団を飛び出し遠い親戚のブレッドのもとを訪ねる。そこで初めて出逢ったジェニー。彼女は、本当の兄妹のように同じ境遇のブレッドと一緒に暮らしていた。不思議な魅力を持つジェニーの存在に心惹かれてゆくミョンス。ミョンスの切なさを感じたジェニーも次第に心を動かし始める。少しずつ親密になっていく2人…。ミョンスは立ち直るきっかけを掴み、またジェニーは彼のパートナーとして、エンジェルヒルを越えるための訓練を始める。

 感想
 全般的にセリフが少なくて、映像で心情&出来事を想像させていくつくり。主演二人の視線や身体から発する雰囲気で、二人の気持ちがよく伝わってきます。
 だんだんと二人の距離が近づいていくところ、中々見つからない母への思い、互いをいたわる様子、スランプから立ち直る瞬間・・・などなど。
 最初は、あらすじが?って思っていたのですが、セリフが少ないからこそ、切ない雰囲気がより伝わってくるのかなと思いました。

 ミョンスの同僚をイ・ボムスssiが演じていて、またまたいい味だしていました。

 こんなにセリフが少ないのに、しっかりストーリーが伝わってきたので、やっぱり演技力あるなぁ・・・と。
二人のやりとり・・・窓越しに見つめあう部分がありました。『窓越し好きだね。この監督』と一緒に見ていた友達が・・・。窓越し・・・ビクトリー窓ごし・・・ありましたね。

 淡々と進む展開でした。
すごくいいっていうわけではないけど、ほんのり・・・あったかな気持ちになる映画でした。

★★★☆☆・・・☆三つ半ってところかな。ストーリーは平坦だけど、ウソンさんファンの方にはお薦めです。じ~んと気持ちが伝わってきて素敵^^ですよ。

 「チョン・ウソン」韓国オフィシャルサイトへ・・・サイダスの俳優さんなのね^^
[PR]
by twinkle-star3 | 2005-10-07 11:22 | 映画 |
<< 雑誌「CIRCUS」に掲載の野... ページトップ 「ネ イルムン キムサムスン」関連~ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon