まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「4人の食卓」2003年韓国 を見ました
2005年 10月 01日 |
 こんばんは 
 今日もやっぱり夕寝いたしました。これで「オールイン」もばっちり^^いよいよ最終回ですね。既に何回か見てしまっているのですが、やっぱり大団円・・・は、いいです。終わり方は・・・う~ん、正直ちょっと心に引っかかるものがあるんですけれどね(なんかね・・・気持ちの問題ですが)。
 今回の放送で、夫がイナさんのファンになってくれたので(ビョンホンのファンじゃないよ^^)、一緒に見る予定です。次はチャングムですね。ちゃんと見てないので、ヨンエさん、楽しみです。

 さて本題・・・。
パク・シニャンさんとチョン・ジヒョンさん主演の「四人の食卓」を見ました。
実は得意じゃないホラー映画。でも、二人とも好きな俳優さんなのと、丁度レンタル店の棚で目に付いたので、早速借りてきました。



 「猟奇的な彼女」で一躍スターになったジヒョンちゃんが、数々のオファーの中、台本を読んで魅かれて、次回作に選んだ作品。
シニャンさんも「ホラー映画には絶対出たくなかったけれど、台本を読んで一週間悩んで出演を決めた」のだそう。「単なる怖いだけのホラーじゃなくて、哲学的な内容で、深く考えさせられたから」とか。
 ドラマ「私の心を奪って」、映画「ホワイトバレンタイン」に続いての共演で、怖いけど、ちょっと楽しみに見ました。

 ストーリー^^はこちら
 「四人の食卓」の公式サイト
 感想・・・思ったほど怖くなかったです。
私は心理系のホラーは意外と大丈夫で、グロテスク系の方が実はニガテ。こちらは心の奥底にじわじわとくる心理系のホラーで、本当はこっちの方が怖いのかもしれないですけど・・・。
 実生活に実際転がっていそうな・・・家族の関係、夫婦の関係、友達との関係・・・。本来ありたい自分と現実の目隠ししてしまいたい(けれど真実)事実。普段の生活で、何気なく選んでいること、意識しないでいる部分が、あるきっかけで明かされていきます。
 「僕は君の言うことを信じる」・・・でも、平穏な生活を望んで、全てにふたをしてしまう選択。そして決別・・・。とっても哲学的な内容で、見た後何かを考えさせてくれる余韻を残す映画でした。

 ジヒョンちゃんの演技、「猟奇的な~」とは全然違った役柄で、全くの別人になりきっていました。身震いするくらい・・・。
 シニャンさんも(シニャンさんの演技、自然体でそれぞれの役柄になりきってしまうところが、本当すごいなと思って・・・ホレこんで(・・・)いるのですが)、突然の出来事とそこから思い出す衝撃の事実に愕然とする姿が、みていて迫ってきて、やっぱりすごいなぁと。

 ラスト部分、4人の食卓のところ、よく分からなかったけど、考えると深みにはまって怖いので・・・ここで辞めておきます。

 レンタルでも、特典映像満載でした。
シニャンさんの映画に関するインタビューの部分、いっぱい語っていて、見ごたえありました。
「ホラーは見た後、虚無感が残るから、イヤなんだよな。これは、そうじゃないけど」とのことでした。シニャンさんの出演するホラー作品、これが最後かもって思います。

 実は話題の・・・「モーテルカクタス」も見ました。これは・・・・・の感想。レビューも書きようがないほど。。。書けそうだったら、そのうち書きます。あつさりとしか、出来ないと思いますが。
「犯罪の再構成」、12月に上映されるようですね。この映画、面白そうで楽しみです。
  ビックスウィンドル(犯罪の再構成) 公式ページへ

 ではまた   See You ~ ^^
[PR]
by twinkle-star3 | 2005-10-01 17:03 | 映画 |
<< 「チャーリーとチョコレート工場... ページトップ モッコリ^^(ネックレスのことよ) >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon