まり♪のシネマ・ブックストーリー
映画・読書の感想、私のお気に入り、好きなことなど♪ピンとくる記事があったら、一言残してくださいな♪
leemari.exblog.jp
Top
■ 「ホワイトバレンタイン」を見ました(1999.韓国)
2005年 09月 07日 |
 こんばんは 幼稚園が始まって、自分の時間を回復!たまっていたDVDに手をつけ始めました。
 この間借りてきた「ホワイトパレンタイン」を見ましたので、今日はその感想を書きます。ホワイト・バレンタイン
/ ハピネット・ピクチャーズ
ISBN : B0006B9XS8

 「猟奇的な彼女」で一躍アジアのトップスターとなったチャン・ジヒョンさんのスクリーンデビュー作です。相手役の1997.1998年と「手紙」「約束」で、その年一番の観客動員数を記録した主演俳優^^のパク・シニャンさんとは、前にドラマ「私の心を奪って」で共演しています。

 パク・シニャンさんの作品は、「パリの恋人」「約束(見ました^^すごく良かった!自分の中でもう少し落ち着いてから感想書きますね)」に続き、見たのは3作目。DVDカバーの長髪!のシニャンさん姿に、ひゃあ・・・ちょっとニガテかも・・・と思いながらも見てみることに。



 
d0020443_22354446.jpg

映画の内容はコチラ
 
 映画全体の色合いが、昔っぽく、少し前の日本映画のような、ノスタルジーを感じました。特に、ヒョンジュンが彼女が何かあると訪ねていた池にやってきた場面、落ち葉の中、ジョンミンが絵を描いているのですが、その色彩がとても美しく、心に残りました。
 また、ジョンミンの部屋の窓・・・腰掛けていろいろ思いにふけっていましたね^^の場面、蒼っぽい色も好きでした。

 なくなってしまった彼女を思うヒョンジュン・・・ディトレーダーだったころは、「約束」のサンドゥやパリ恋のギジュを思い出させるようなかっこよさ^^だったけど、哀しみと欠乏感から、生活を180度変えてしまった心に傷を持つ男の姿を自然と演じていて、見ていても心に残るものがありました。

 話の展開が、彼女が死んでしまっていたとか、両親のこととか、後半でわかることが多くて、一回目を見たときは???が沢山あったのですが、2度目には発見することが多くて、内容が良く分かりました。一度で分かりにくかったのが、ちょっと残念です。あらかじめ、知識仕入れてからみるべきだったのかな?そんなことないよねぇ・・・

 ジヒョンちゃんが初々しくてよかった^^ことと、シニョンさんの演技の上手さ(じわじわと心にしみる自然な感情・・・など)が秀逸!と思います。
 
 私はシニャンさんが見たくて、これを借りてきたのですが、長髪(撮影のためにシリコンで数ヶ月つけていたそう^^)姿に、かなり引いていたのですが、話が進むにつれて、なんとも思わなくなったのは・・・やっぱり、魅力に引き込まれている!?からなのでしょうか~・・・^^、「約束」と続けて見てしまって~かなり余韻が残っています。
 
 ダンス姿も素敵でしたね。
d0020443_232491.jpg

 
 終わり方・・・も、その後の展開が予想されて(しっかり考えさせてくれました^^)・・・もちろんハッピーエンドですよ^^、私は好きでした。
d0020443_2344654.jpg

 絵本を置いてきたのが、不思議だったのですが、きっと「これからはじまる」ってことを言いたかったのかなって思っています。

 二人には、紅い糸(鳩についていたのも、紅い糸でしたね)が、つながっていたんでしょうね。
シアワセなその後、想像してしまいます。

 ノスタルジックで、ファンタスティクな絵本のような物語でした。(かなり好みの傾向^^です。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 
[PR]
by twinkle-star3 | 2005-09-07 23:47 | 映画 |
<< ユニセフのカタログ ページトップ 「パリの恋人」私の好きな場面^... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon